太陽光発電

  • もっとも期待が集まる次世代エネルギー。それが太陽光。 近年、環境問題や資源問題などへの関心が高まり、自然エネルギーが注目されています。中でも期待が集まっているのが、「太陽光」です。
    太陽光エネルギーは、「地球に到達するエネルギーの1時間分だけで、人類が1年間に消費するエネルギー量に匹敵する」ほど巨大で、地域偏在性の少ない再生可能エネルギーです。
    この太陽光を各家庭で電気に変えることが、年々深刻化する環境問題や資源問題の有効な解決策の第一歩になるのです。
  • 太陽光発電にリフォーム

太陽光発電とは?

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気に変換するシステムです。
発電した電気は、ご家庭で使うことはもちろん、余った電気は電力会社へ売電することもできます。今までは買うことしかできなかった電気が、ご家庭で作ることができます。また、環境保護の面からも高い注目を集めています。
次世代の環境のこと、家計の負担の低下に非常に効果的なシステムです。

太陽光発電の仕組み

太陽電池モジュールは一枚あたり104,600円!出力195Wに効率16.9%。太陽光モジュールで直流の電気を作り、パワーコンディショナで家で使える交流に変換。太陽光発電対応分電盤で各部屋のコンセントに発電した電気を送ります。
  • 太陽電池モジュール
    太陽光パネルで太陽光の光を受けて電気(直流)を作ります。
  • パワーコンディショナー
    太陽光パネルで作った直流の電気を、家で使える交流に換えます。
  • 太陽光発電対応分電盤
    発電した電気を各部屋のコンセントに送ります。
  • 電気を売る・買う→(1Kwh あたり、42円)
    作った電気が余ったら、電力会社に買い取ってもらいます。夜や雨の日など、太陽光の電気では足りない時は、従来通り電力会社の電気を買います。

補助金制度

国による平成24年度(4/19 ~ H25 3/29)の太陽光発電導入支援補助金

  • 1kw当たりのシステム価値が3.5万円を超えて47.5万円以下のもの・・・3.5万円/kw 補助。
  • 1kw当たりのシステム価値が47.5万円を超えて55.0万円以下のもの・・・3.0万円/kw 補助。

県による補助金は24年7月から3000件まで(国の条件に合致し、さらに県の条件に合致するもの)。1kwで2万円(上限8万)。
市町村別でも補助金がある場合があり、2~3万円が平均(1kw当たり)です。大衡村は、1kwで10万円となっています。

エネルギーモニタでエコ(環境貢献度 発電量 電気量)が見える

発電や売電の状態を、7割の大画面で表示。設置場所が自由なワイヤレス。

※ACアダプター(付属)をコンセントに接続してください。予備電源(バッテリー)は内臓していません。

NEW!ワイヤレスエネルギーモニタ 7型 約100mまで受信できるので、リビングや寝室など、お好きな場所で確認できます。

ワイヤレスエネルギーモニタ7型
●約100mまで受信できるので、リビングや寝室など、お好きな場所で確認できます。

電気の「創る」「蓄える」「使う」「売る」がきれいな画面ですぐ分かる

今、どれくらい発電してる?何W使ってる?売電してる?
気になる様々な情報が、きれいな画面ですぐに分かり、わが家のエコが実感できます。

  • アイコンをタッチして実績表示
    それぞれのアイコン(つくる/買う…)をタッチすると、時間別、日別、月別に使用電力量が分かります。前日や先月と比べながら節電を心掛けられます。
  • 売電/買電イルミネーション
    今の電力状態がランプの色で分かります。
  • 現在の電気使用量
    外出前にモニタをチェックすれば電気の消し忘れがすぐに分かります。
  • 時間帯別電気料金
    今の電気料金が安いのか高いのかをお知らせ。家電製品を使うタイミングの判断に役立ちます。
  • 環境貢献チェック
    CO2の削減量がひと目でわかり、エコへの意識が高まります。

家族みんなが進んで省エネできる楽しい工夫がいっぱい

節電や省エネは、毎日続けることが大切。
エネルギーモニタには、ついつい見たくなるかわいいイラストや写真など家族みんなで節電したくなる工夫を盛り込みました。

エコ

太陽光発電を設置すると、我が家でCO2の削減に貢献できます。

4.6kWシステムの場合、大阪市の年間予測発電量は5,376kWh(※2)となり、CO2の排出削減量(※3)は年間約1,691kg-CO2に。これは平均的な一世帯の家庭から排出される温室効果ガス(約5,040kg-CO2(※4))の約33.5%が削減できることになります。また、同時に電気代の大幅な節約も期待できます。

例えば4.6kWシステムを設置すると(大阪市 真南確度30度の場合)

年間予測発電量5376kWh | CO2排出量削減1691kgxco2 | 削減率約33.5%
  • ※1 CO2削減率(%)=CO2削減量(kg-CO2)÷5,040(kg-CO2)
  • ※2 メーカー発電量シミュレーションによる
  • ※3 CO2発生量は、太陽電池生産時に発生するCO2の発生量(0.0455kg-CO2/kWh)を加味し、0.3145kg-CO2/kWhで試算。
  • ※4 日本の平均的な1世帯から出る温室効果ガス排出量は年間約5,040kg-CO2(財団法人 日本環境教会内 全国地球温暖化防止活動推進センター資料より)
  • ※5 火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして計算。