内装・クロス張替

床材について

床材の種類と特徴

床は、お部屋の中で広い面積を占めているので、インテリアの印象を左右するといっても過言ではありません。また、毎日歩いたり、座ったりと直接肌が触れることも多いので、選ぶ素材によって居心地も大きく変わってきます。
お部屋の用途やライフスタイル、インテリアなどに合わせて選ぶようにしましょう。

■木質フローリング

最も一般的な床材です。木質フローリングは、むく材(単層フローリング)複合(複層)フローリングに分けられますが、一般的な住宅では、素材や色、価格など商品バリエーションが豊富な複合(複層)フローリングが多く用いられています。

  • むく材
    単層フローリングとも呼ばれ、構成する層がひとつ、単一のむく材でできたもの。一般的に、むく材のほうが複合(複層)フローリングよりも高価です。
  • 複合(複層)フローリング
    基材である合板に薄い天然木の単版(突き板)を張ったもの。価格は、単板(突き板)の厚みが厚くなるほど高くなります。
■コルク

木質系の床材で、耐久性・吸音性、断熱性が高いのが特徴です。また、過度な弾力性があるので、足腰への負担も少なく、万一転倒しても衝撃が緩和されるという特徴もあります。リビングや子供部屋、寝室などに向いているでしょう。ナチュラル色からダークな色合いまでカラーバリエーションも豊富にあります。

■天然素材

コルク以外でも、竹、藤、サイザル麻やココヤシなど天然素材を用いた床材も注目されています。

  • 竹フローリング
    強度があり、傷がつきにくく、収縮膨張も少ないことが特徴です。
    床暖房を設置できるタイプもあります。
  • ロール状のタイプや、30~40cm程度のタイル状になったものもあります。温泉などの脱衣室や、一般住宅の洗面室などでも用いられます。
  • サイザル麻、ココヤシなど
    天然繊維を織り上げたものは、ざくっとした風合いが魅力です。湿気の多いサニタリーなど、水まわりに向いているでしょう。
■畳
日本に昔からある床材。肌触りや香りがよく、吸音性や遮音性にも優れています。また、弾力性が高く、長時間の着座や歩行でも疲れにくいことも特徴です。
畳縁がなく正方形の畳を用いてモダンな空間をプランニングしたり、移動が可能な置畳なども注目されています。床暖房対応のタイプもあります。
畳
■タイル

外まわりや玄関に用いられることが多いタイルは、耐久性、耐水性の高い床材で、張替えなしで長期使用が可能です。また、メンテナンスが楽にできることも特徴です。色やデザインなども豊富で、床暖房に対応しているものもあります。

■クッションフロア

耐久性、耐水性に優れ、適度な弾力性もあるので、キッチンや洗面室・トイレなど水まわりに多く用いられています。比較的手ごろな価格で、色や柄などのバリエーションも豊富です。

床材選びのポイント

床の素材選びは、リフォーム場所や家族構成、部屋の用途、インテリアや素材感の好み、ペットを飼っているかによって変わります。十分考えた上でお選びいただきたいものです。

室内の快適性を左右する要素の1つに「感触」があり、床材の手触り、足触りが重要なポイントになります。もう一つ忘れてはならないことは、気候に配慮した床材を選ぶということです。夏と冬で気候ががらりと変わる日本では、夏は汗や湿気を吸い、冬は温かみを感じさせる床材が求められます。
どの条件を優先するかは部屋の用途によって違ってきますが、例えばキッチンや洗面所のように濡れたり、油などの汚れが付きやすい場所では、耐水性や汚れの落としやすさが求められます。また、小さいお子さんや高齢者がいる家庭では、安全性の配慮も忘れてはなりません。さらに、ペットを飼っている場合、その習性によっては温かさといった快適性よりも、傷や臭いのつきにくさ、汚れの落ちやすさや補修・取り替えのしやすさなどの機能性を重視することにもなります。
インテリアの原則は、床を濃い目の色にして、壁、天井と上に行くにしたがって明るい色を使うことです。こうすれば天井が高く見え、圧迫感がありません。また、床の色は壁や天井との調和を考えて決めることも大切です。同系色でまとめると落ち着いた感じに、反対色を組み合わせると活動的なイメージになります。ただし、ものによっては、光を反射して床の色が壁に映り込むことがあります。

壁材について

壁材の種類と特徴

床・壁・天井といった内装材は、インテリアのイメージを決める大切な要素です。中でも壁材は、空間の中でも大きな面積を占めるので、慎重に選びたいものです。しかし、壁材は種類も色も、デザインも豊富なので、どれを選んでよいか迷ってしまいます。ここでは、素材別に特徴をまとめました。

  • ビニール壁紙

    ビニール壁紙

    柄やエンボスなどの加工ができる主流の壁紙です。量産性で特殊素材の壁紙に比べ、安価です。抗菌・汚れ防止・消臭加工なども出来ます。
  • 珪藻土壁紙

    珪藻土壁紙

    細かい気泡のある粒子の湿気の吸収・放出機能により結露が付きにくい壁紙です。ビニールクロスのおよそ1.5倍ほどの吸収性があります。
  • 織物壁紙

    織物壁紙

    色や柄は重圧感・豪華さがあり、吸音性・調温性・通気性に優れている壁紙です。
ビニールクロスの機能性

ビニールクロスには様々な機能性を持たせることが可能です。

種類 特徴
汚れ防止・抗菌 抗菌性フィルムをラミネートした汚れが落ちやすい壁紙です。全てのお部屋に適しています。
スーパー汚れ防止 フッ素樹脂フィルムをラミネートした通常の抗菌性フィルムよりさらに強力な汚れ防止加工。洗剤を使わず、乾拭きで汚れが落とせます。台所などに最適です。
スーパー耐久性 一般のビニールクロスより10倍強度があります。ペットを飼っているお部屋に適しています。
吸放湿性 お部屋の湿度を調節して、結露やカビの発生を抑えます。吸放湿壁紙や珪藻土壁紙があります。結露が起きやすい場所や換気しにくい場所に適します。
通気性 室内の湿気を壁を通して排出することで、結露やカビの発生を抑えます。下地が吸放湿性の場合に効果があります。消臭・抗菌・タバコの臭い・生活臭・ホルムアルデヒドなどを消臭する壁紙です。
耐水性 表面に特殊樹脂をコーティングした湿気に強い壁紙です。脱衣所や換気のしにくい場所に適しています。
マイナスイオン マイナスイオンを発生させ、お部屋の中を自然環境に近づけます。心身をリラックスさせる効果が期待できます。持続期間は壁紙耐用年数と同程度です。

壁紙選びのポイント

色や柄や質感、機能にすぐれたものなど、壁紙にはたくさんの種類があります。

★柄を選ぶ
  • 織物調
    様々な織の生地目を表現した壁紙。暮らしに落ち着きを与えてくれます。
  • 石目調
    土壁のあたたかさ、塗り壁のやさしい表情をもった壁紙。
  • 和調
    和紙やじゅらくの持つ深い味わいを追求した壁紙。趣のある空間を演出できます。
  • 柄物
    草木柄や花柄など、バリエーション豊か。カーテンとのコーディネートでワンランク上のお部屋つくりを。
★色を選ぶ
壁紙の色の濃さと部屋の広さ
広い部屋では、白いものはより白く、黒いものはより黒く見えると言われています。壁紙の色が濃いほど空間が狭く感じられ落ち着いた印象が得られます。リビングなどの空間に淡い色の壁紙を使えば、開放的で広々とした印象が得られます。反対に、和室や書斎など、落ち着いた雰囲気を演出したい場所にはやや濃い色の壁紙をアクセントとして使うと良いでしょう。
照明の色と壁紙
白い壁紙に蛍光灯の白い光を当てると、より白さが際立ちます。ベージュ系の壁紙を白熱灯のある部屋に用いると、落ち着いた空間を演出できます。間接照明のやさしい光をポイントに配すると、より温かみのある印象が得られます。クールでモダンなインテリアにはグレーやブルー系の壁紙を蛍光灯と組み合わせると良いでしょう。
★スタイルを選ぶ
腰壁
腰壁(こしかべ)は、壁の下半分(通常は高さ90cmのところ)に板材をはりめぐらせた壁のこと。部屋の雰囲気を一新できるのはもちろん、汚れやキズの防止にもなります。
ボーダー
ボーダーは、壁の一部に張るだけでお部屋を豊かにできる壁紙。お部屋のイメージを少し変えてみたい方におすすめです。
クロスの張替え時期 クロス、壁紙の耐用年数は7~8年ぐらいと言われていますが、お住まいの生活環境によって大きく変わってきます。
ビニールクロスには浸透性がほとんど無い為、汚れやキズ・手あか、太陽光による日焼けなどが月日と共に表面に蓄積されていきます。その為、あまり長い間クロス壁紙の張替えをしないと不衛生で見た目も良くありません。
家具や布団を買い換える考え方と同じで、壁紙クロスや床材も『きれいにしたい』と思った時こそが張替え時期です。