エクステリア

エクステリアとは?

住宅や建物の内装を「インテリア」と呼ぶのに対して、「エクステリア」とは外構や庭をはじめ、屋外の工作物を含めた建物の外観全体を指す言葉として使われています。本来は「外部、外面、外側」という意味の英語で、以前は門扉や塀を示していましたが、現代では外部空間の総称と考えて良いでしょう。
新築やリフォームの際は間取りやインテリアに気を取られがちで、エクステリアの計画が後回しになる傾向があるようです。しかし、住まいは建物・インテリア・エクステリアの3つが調和することで理想的な安らぎの場となるものです。家族の憩いの場としてだけではなく、街並みとの一体感や、最近ではエコロジー的な観点からもエクステリアを考える必要があります。
エクステリアのリフォーム エクステリアを構成する主な要素

具体的にエクステリアを構成する要素としては、門扉、フェンス、アプローチ、カーポートまたはガレージ、ウッドデッキ、テラスやサンルームなどがあげられます。

  • 門扉
    訪れたお客様が真っ先に目にするのが表札に付いた門扉です。エクステリアの象徴といってもいいでしょう。様々なデザインから選ぶのは大変ですが、ここがセンスの見せ所です。
  • フェンス
    フェンス・塀は防犯性が最優先項目ですが、美観も大切にしたいもの。門扉と統一感を持たせるのもいいでしょう。アルミやブロックなど素材も様々です。
  • アプローチ
    アプローチは門と玄関をつなぐ部分ですが、ただの通路ではありません。歩きやすさ以外に、美しさや楽しさを考慮することによって豊かな空間に変わります。
  • ウッドデッキ
    第2のリビングとして人気が高いウッドデッキ。季節の風に吹かれながらのひと時は生活に潤いをもたらしてくれます。
    デザインと耐久性がポイントです。
  • カーポート・ガレージ
    エクステリアの中で特に慎重な設計が必要なのが、カーポート・ガレージです。自動車の出し入れのしやすさや安全性を、前面道路の状況を踏まえてプランニングしましょう。
  • テラス・サンルーム
    テラスにガラス張りなどで囲いをしたものがサンルーム。リビングの延長としてくつろいだり、ガーデンスペースとして使われることが多いようです。

他にも、物干しやごみ収集箱、物置などを設置するサービスヤードも必要になります。
プランニングの際は、施工経験豊富な業者とじっくり話し合うことが大切です。

エクステリアのデザイン

ライフスタイルや将来性を考えたデザインを

家族が帰宅した時、お客様が来られたとき最初に目に入るエクステリアの表情は、ある意味「家の顔」ともいえます。それだけに、住む人のライフスタイルやセンスがきちんと反映されたデザインを目指すことが肝心です。生活の潤いという点から考えれば、風や光、緑を充分に取り入れ、例えば庭に面したリビングにウッドデッキやサンルームを設けるなど、屋内と屋外を一体として活用するプランも候補にあがるでしょう。また限られたスペースを有効に使うため、駐車スペースの横にシンク付きの水道を設置すれば、ガーデンパーティの舞台としても活躍します。
将来に備えてバリアフリーの発想を取り入れたり、メンテナンスのしやすさにも配慮したいものです。

スタイルとゾーニング

エクステリアは大きく3つのスタイルに分けることができます。

  • オープンスタイルのエクステリアをリフォーム

    オープンスタイル

    敷居と道路の境界を堺などで仕切らないスタイルです。

  • セミオープンスタイルのエクステリアをリフォーム

    セミオープンスタイル

    低いフェンスや植栽で仕切りながらも、開放感を備えたスタイルです。

  • クローズドスタイルのエクステリアをリフォーム

    クローズドスタイル

    敷地の外周をすべて囲い、防犯対策やプライバシーを確保しやすいスタイルです。

近隣からの目線をあまり気にしなくてもいい郊外なら「オープンスタイル」、反対的に市街地なら「クローズドスタイル」など、周囲の環境によってプランニングしましょう。
家族の動線を想像しながら庭や駐車スペース、門、サービスヤードの広さや配置を区画するのがゾーニングです。住まいの快適さに直接つながりますので、専門の業者ともよく相談して決定するのが望ましいでしょう。

植栽と照明で個性的な演出

四季の移り変わりを肌で感じ、エクステリアを癒しの空間に変えるのが植栽です。可能ならば1種類の植物ではなく樹木と花を組み合わせ、開花時期の異なる植物を植えると一年中楽しめます。
一方、夜の住まいを演出するのが照明です。昼間とは違う表情の庭を眺めたり、春や秋のいい季節は心地よい風に当たりながら外で食事を楽しむこともできます。もちろん照明は防犯対策にも重要です。
門周りなどは、照明を一晩中つけていなくても、人が近づけば点灯するセンサー付きにすれば省エネできます。さまざまな機能やデザインのバリエーションがありますので業者とよくご検討されることをおすすめします。