エコキュート

エコキュートとは?

エコキュートにリフォーム

大気の熱でお湯を沸かすエコキュートなら、ガス給油器よりぐんと経済的なんです。
大気の熱を使ってかしこくお湯を沸かす高効率運転に加え、夜間時間帯を基本としたおトクな料金制度の利用で、とことん家計思いに。ぜひ今の給湯コストと比べてください。

また、タンクにお湯を溜める仕組みで、地震などにより水道が断水しても、タンクの水を非常用水として利用もできます。
家庭に優しく災害に強い。それが、エコキュートです。

エコキュートの省エネ性

空気の熱と夜間電力の活用で、かしこく省エネ&ピークシフト!
エコキュートは、お湯を作るエネルギーの約2/3を空気の熱エネルギーでまかないます。
先進のヒートポンプ式のエコキュートは、わが家のまわりの空気から熱エネルギーを取り出して、お湯のわき上げに活用します。必要な電気エネルギーは、従来のヒーター式電気温水器と比べてわずか約1/3に。これからの省エネライフのためにも、とても効率のいいエコキュートの普及がますます期待されています。
夜間電力を利用したわき上げが可能なので、電力需要の多い昼間時間帯からシフトOK!
エコキュートは主に夜間にお湯を沸き上げるので、電力需要の多い昼間時間帯からのピークシフトに対応。その上夜間の電力料金を割安にするおトクな時間帯別電灯契約により、給湯コストの削減にも役立ちます。これからはご一緒に、こんなかしこい給湯スタイルで暮らしませんか。
みんなで上手に電力ピークシフトを。

電力負荷の小さな夜間や早朝を上手に活用して、昼間の電力需要を減らしていきましょう。

※東北電力ホームページからのデータを当社にてグラフ化。2010年 (平成22年) 7月 23日(金)
東北電力夏季実績 (5999万kWh)

エコキュートは電力使用量が高い8時から20時に給湯するのではなく、ピークシフトして夜間時間帯にお湯を沸き上げることが可能。さらに夜間の電力料金を割安にするおトクな時間帯別電灯契約により、給湯コストの削減にも役立ちます。
おトクな時間帯別電灯契約で、給湯コストも削減!・時間帯別電灯夜間8・9時間・・・夜間時間帯は夜11時~朝7~8時まで。・時間帯別電灯夜間10時間・・・夜間時間帯は夜10時~朝8時まで。・季節別時間帯別(3時間帯別)電灯・・・オール電化に最適な電力契約で、電気料金を季節ごとや時間帯後とに設定しています。(時間帯やき季節の設定は電力会社によって異なります)
エコキュートは家計におトク!給湯光熱費は、都市ガス給湯機の約1/5!

当社試算条件例

形名:SRT-HP37W6
運転モード:おまかせ
給湯負荷:JIS C 9220:2011による
電気料金:東北電力「季節別時間帯別電灯契約はぴeタイム」通電制御
割引を適用
都市ガス料金:139.76円/m3(基本料金は給湯とその他で按分)
2011年9月現在、当社調べ
※ランニングコストの目安は、JIS C 9220:2011に準拠し算出した東京・大阪平均の年間消費電力を大阪地区に換算して算出しています。また、年間電気料金を月平均したものであり、季節や地域、運転モードの設定、ご使用状況、電力契約などにより異なります。
*ESシリーズを除く

エコキュートのしくみ

空気の熱と少しの電気でわき上げる先進のヒートポンプ式!1.空気中から熱を吸収します。2.コンプレッサーで圧縮してさらに高温にします。3.高温化した熱を水に伝えます。4.熱張弁で冷媒を低温・低圧にします。