給排水工事

給排水設備は、人体に例えれば循環器や神経にあたります。柱や梁がいくら堅牢な建物でも、これらがよく機能しないと快適な生活環境が得られません。

給水管

給排水設備の劣化

赤茶に濁っていたらすぐに調査診断を!!
錆が出やすい亜鉛メッキ鋼管(白ガス管)を、給水管として用いている例は、よほど古い建物以外見られなくなりました。しかし、内部を樹脂コーディングした管を用いても、接合部(継ぎ手という)や異種金属との接合部(メーター廻り)から錆が発生し、上水中に溶け出して、赤水障害を起こす場合があります。そのまま放置すると、飲料水基準に適さない水質になったり、管が破裂して漏水を起こします。朝、開栓一番の水が赤茶に濁っていたら、専門家の調査診断を受けることをオススメします。

給排水工事のリフォーム

排水管

最初に傷むのが、台所の雑排水管

便所の排水を汚水、台所や浴室・洗面の排水を雑排水と呼びます。
経験則上、最初に痛むのは台所の雑排水管で、亜鉛メッキ鋼管の場合20年前後で接合部のねじ底に穴が開き、漏水する例が多くあります。それに比べ、鋳鉄管が多く用いられる汚水管は、寿命が長く、30~35年程度が交換の目安です。予防保全の観点から特に劣化が意識されなくても唆工後20年前後に調査診断を行い、修繕計画をたてることが肝心です。

給排水設備について

給排水設備とは、飲料水などの水を供給するための給水(上水)設備を使った水やお湯を捨てる為の排水(下水)設備のことを言います。中でも、給水設備は建築設備の中でも、日常生活を維持する為に、最も重要な役割を担っています。
命を維持する為に飲料水は必要不可欠だからです。


[水漏れ]蛇口を閉めても水が垂れる。水がキッチンの床から染み出してくる。水がタンクから漏れている。パイプの接続部分から水が溢れる。洗面台の下が湿っている。[つまり]排水をするとゴボゴボ音がする。水に溶けないものを落とした・流した。水がタンク内にたまらない。悪臭が排水口からする。水を流そうと思ったら水が出ない。[故障]水の勢いが弱い。蛇口がグラグラする。水を流そうと思ったら水がでない。赤い錆び水が出る。水を出すと異音がする。 トイレのトラブル
便器が詰まった
トイレットペーパーの詰まりはラバーカップで対処できますか?固形物は対応できません。無理せず、まずはご連絡を!!
給水管から水漏れ
給水管の老朽化や接続部パッキンの劣化が原因と考えられます。
便器のつまり 給水管から水漏れ
キッチンのトラブル
蛇口からの水漏れ
水栓コマや、内部部品の不良が原因と思われます。
シンクが詰まった
生ごみが詰まっている可能性あり。排水管が詰まっている場合は、清掃修理が必要です。
蛇口からの水漏れ シンクがつまった
お風呂のトラブル
シャワーヘッドから水漏れ
シャワーヘッドのひび割れ、パッキンなどの不良が原因と思われます。
温度調節が出来ない
サーモスタット(温度調節)機能の不良が考えられます。
シャワーヘッドから水漏れ 温度調節不良
洗面台のトラブル
トラップからの水漏れ
パッキンの劣化やトラップ管のひび割れが考えられます。
床に水漏れ
パッキン劣化、配管の老朽化、ひび割れが考えられます。
トラップからの水漏れ 床に水漏れ