浴室リフォーム

入浴は人にとって体をキレイにするだけでなく、健康の為にもとても大切です。そして、浴室は日々の疲れを癒し、リフレッシュするためにとても重要な空間です。
冷たい、入りにくい、汚れが取れない、お掃除が大変などの問題が気になりだしたら、心身ともにリラックスできる安全な浴室にリフォームしませんか?
浴室が安心快適になることで、毎日の入浴が楽しみになるだけでなく、お掃除が簡単になり、家族みんなの笑顔が増えるでしょう。
浴室のリフォーム

浴室リフォーム方法

在来工法

在来工法は、職人が現場で工事を行う方法です。バスタブやタイル、水栓などを自由に選べるので個性的な浴室がつくれます。浴室の広さも自由で、部分的なリフォームも可能です。

システムバス

システムバスは、既整のパーツを組み立てて作る方法です。断熱性や機能性などの性能面が優れていて、工期が早く、品質が均一なのが特長です。現在のリフォームの主流となっており、パーツの種類やデザインも豊富にそろっています。入浴スタイルに合わせて、お気に入りのシステムバスを選んでください。

システムバスの換気扇・天井・壁・窓・浴槽・床・照明・出入り口・ミラー・収納・水栓・カウンター・その他のリフォーム
  • 換気扇
    暖房乾燥機能を備えた換気扇に注目。浴室を乾燥室に使えて、寒い時期には暖房機能で入浴時が快適に。
  • 照明
    「壁付きタイプ」か「天井付きタイプ」が主流で、1~2灯を取り付けるのが一般的。最近はデザイン性も向上。
  • 天井
    天井は「フラット」「ステップ」「ドーム」など種類が豊富。
    得に開放感のあるドーム天井が人気です。
  • ミラー・収納
    縦長だけでなく、ワイドミラーもおすすめ。ミラーパネル一体型など効率の良い収納と組合わせると便利です。
  • 断熱性、清掃性が高い製品が人気です。木目調、石目調など柄、色彩ともに種類が豊富。
    アクセントをつけるため壁1面だけを違う色にできるメーカーも。
  • 水栓
    水槽・シャワーが一体のタイプと、別々のタイプの2種があり、最近では特にシャワー水栓のアイテムが充実。
  • 一般的な引違い窓だけでなく、ルーパー窓や出窓も選べます。浴室の断熱化で断熱窓を装備しているものも増えています。
  • カウンター
    暖房乾燥機能を備えた換気扇に注目。浴室を乾燥室に使えて、寒い時期には暖房機能で入浴時が快適に。
  • 浴槽
    現在は人工大理石やFRPが主流。特に人工大理石は肌触りがよく、デザインの種類も豊富なので好評です。
  • 出入り口
    折れ戸、ドア、引き戸などがあります。やはり浴室との段差がなく安全で、空間を有効活用できる「引き戸」が◎。
  • 床材は技術の進歩で「水はけ」「乾きやすさ」「清掃性」が向上しました。オーダーすれば床暖房ができる商品も。
  • その他
    必要に応じて、手すりを付けるなど安全性への配慮を忘れずに。

浴室リフォームのポイント

  • 保温性能 今は、浴槽だけでなく浴室全体をまるごと保温する構造のバスルームが各メーカーから提供されています。壁、床、浴槽はもちろん、風呂蓋やサッシにいたる、あらゆる断熱機能を浴室に取り入れることで、外気による室温、湯温の低下を防ぎ、冷温による体温刺激をやわらげています。
  • 床の安全性 浴室を選ぶ基準の最優先は安全性能ではないでしょうか。特に床は滑りやすく、お掃除が大変。ゴシゴシとこすって腰を痛めてしまうこともありますね。でも今は、こうした問題を解決する様々な工夫があります。
  • 浴槽の形状 心地よい時間をゆったりと過ごしたいバスタイム。だから、浴室をリフォームするなら自分にピッタリの浴槽を見つけることはとても大事です。浴槽の形状はもうほんとうにいろいろ。半身浴をしたいのか、どっぷり浸かって足を伸ばしたいのか、家族の意見も合わせベストな浴槽に出会っていただきたいものです。
  • 機能的な水栓 蛇口をひねることは、大人にとっては何気ない動作ですが、お子様にとってはどうでしょう。なんでも一人でやってみたいのに力が足りなくて水が出せない、出すことができても今度は止められない・・・そんな日常の一コマを簡単なものにするために、いろいろな工夫がなされています。
  • 収納とカウンター カウンターの形状、小物収納など細やかな配慮が毎日の快適に深く関わります。あなたに必要なバスルームのこだわりを見つけましょう。
  • 癒しのオプションとアイディアパーツ 半身浴でリラクゼーションタイム。忙しい毎日・・・お風呂だけは音楽鑑賞タイムに・・・などなど、リラックスできる環境は人それぞれ。楽しい発想、おもいがけない発想で入浴がとても楽しくなります。